踏み板括り罠の動作確認と装備点検

だいぶ秋らしくなりましたね。

気が早いですが、括り罠の動作確認をしました。

括り罠 左)オリモ式 右)笠松式

スライドショーには JavaScript が必要です。

仕様では番のところに締め上げたバネ筒をもってくるのが標準だと思いますが、観音の片方側にセットするのがなんとなく好みです。

刃物類はこんな感じです。ポケットサイズで収納性を重視したチョイス

カッター(OLFA)、鋸刃(OLFA)、折り畳みナイフ(OPINEL)、ナガサ

カッターと鋸刃は即興で獣を解体するときにも使います。

鋸刃で胸骨や恥骨を切断、カッターで皮剥ぎ、肉の切り分けなどなど

止めにはOPINELのナイフ

何の参考になるのやら

 

Husqvarna T540i XP

予約していたのが届きました

https://www.husqvarna.com/jp/products/chainsaw/t540i-xp/967983614/

バッテリーチェーンソーは初めてで、普段使いのやつと比較画像をとってみました

上 ハイパーこがるGZ2800T 下 Husqvarna T540i XP(トップハンドル)

バッテリーの部分とガイドバーが大きい

重量はバッテリー分ぐらいの差でT540i XPが重いというか見た目通り

パワートリガーロックという前方に押し込んだ状態でパワートリガーを握らないとソーチェーンが回らないという仕組み

オプションにファンハウジングがあり

こがるが30ccクラス、T540i XPは40ccクラスのパワーということらしいので、そのあたりはまた後程

取扱い説明書 T540i XP®

どれくらいもつの?(まだT540i XPの項目はない)

トチノミ

山登りしてきて、トチノミが落ちとるわと思って拾ってきたのはいいが、はてこんな時期に実が落ちていたっけ?と疑問に感じたのだが、栗や青柿とかたくさん落ちだしているから秋なのかと植物は感じているのか

それとも日照りが続いての身を案じた生存戦略なのか(少数精鋭:少量でも早めに子孫を残すこと)

この後、台風一過でボロボロと落ちるんだろうな

今年の秋の味覚は豊作か不作か

 

ブリッジにスイベル

ハーネスのブリッジにスイベルを付けようとdmmのAxis Swivels smallを購入したんですが、なんとスプライスカバーが邪魔して装着できないという・・・

petzlのセコイアSRT

dmmのAxis Swivels small

最初にサイズとか確認しとけという話なんですが、それじゃあpetzlのring smallは純正だし大丈夫だろうと思いamazonで注文したら、ring openの方が送られてきたという・・・

petzlのring open(左)と dmmのAxis Swivels small(右)

https://dmmprofessional.com/Products/Swivels/Axis-Swivels

 

 

ネット注文は楽でいいんですが、実寸とか実物を見ないとなんともなあというのが多々ありますね。

スパーのスロットサイズが異なるとか

(wesSpurで金具の部分だけ再送してもらいました)

伊根町蒲入

先日、伊根町蒲入まで出かけました

一泊での滞在でしたが、宿までの道中には箱檻が多数配置されており、そこには箱檻の中のエサを漁るためにかサルが多数群れていました。

朝からボートでワカメの刈り取りに出かける人、水に晒しておいたワカメを干す人

宿の食事についたワカメの味噌汁が歯ごたえありで美味しかったです。

春頃はイカ釣りやキス釣りを楽しめるようです。

 

 

カラスザンショウ

山菜の季節になり、タラの芽やコシアブラなんかに目がいきますが、欲張りにも棘のある幹に何やら新芽が一杯ついとるわと収穫したんですが、なんか少し違うなあと思い、その後コップの水に差して放置してました。

タラもどきともいうそうで、新芽も天ぷらで食えるとか

一つ勉強になりました