これ、いなかからのお裾分けです。-本

著者の自然体験&人生観について

漁師になりたい

林業(山師)か、漁業(漁師)か 若くしてどちらの道をいくのか

悩める著者が選んだ道とは

学べば悩む

栽培漁業を専攻するも、水産業が抱える問題の現状を知る

とは言っても、著者自身の中には答えがあったのだ。所変われば、視点も変わる。

 

現在は蜂獲り師として活動されているようだ。

あつたや http://atsutaya.com/

 

正直、こんな幼少期の体験や友人がほしかった

そんな気持ちにさせる本でした。

蜂の子の佃煮美味しいよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です