ノリ、不作

すしやおにぎりに欠かせないノリが半世紀ぶりの不作となっている。ノリが育つ秋から冬にかけての水温が高すぎたほか、1~2月の降水量が少なく生育に必要な栄養分が河川から海の養殖場に十分に供給されなかった。今シーズンの収穫量は前年比で2割減、価格は40年ぶりの高値水準にある。ノリ大手メーカーは6月から一斉に値上げする。コンビニエンスストアのおにぎりへの影響も心配される。

暖冬の影響で多くの海藻類が十分に生育できず 魚による食害もあると

2019年5月17日日本経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です