鷹と生きる-本

副題:鷹使い・松原英俊の人生

戦国秘録 白鷹伝 山本 兼一  (著) 祥伝社

を読んだくらいの知識しかない鷹と人との関わりについて

市街地のカラス防除に鷹(ハリスホーク)を使うというお話

参考:https://gfhawk.com/department-capture.html

ヤマガラ:おみくじ引きや輪投げの芸を仕込み、神社の境内などで披露する商売

山形村(岩手県北部の太平洋岸に存在した村)での自給自足生活のお話

「自分がどう生きたいのか」「どう生きることが自分にとってもっとも幸せか」

『老人と鷹』農業や猟師ではなく、鷹使い

鉄砲ではなく、鷹という生きものと狩りをすることが魅力 ※猟犬とともに狩猟をする人に通じるものがある

山小屋の暮らし~幸福感

生きものともに-飽くなき好奇心と愛情-

著者による生物遍歴 どの本でもこういう体験話は好きだなあ

飛島-渡り鳥の中継地点 春には野鳥が集まる バードウォッチングのメッカ

 

エスキモーになった日本人』の著者大島育雄氏を想起

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です