漁師/海苔養殖、フグ等の網漁に関する業務

@香川県香川郡直島町 有限会社姫鶴水産

仕事内容

[短期ア]漁師/海苔養殖、フグ等の網漁に関する業務

《詳細》
養殖いかだの準備、海苔網のセット、管理、収穫、陸揚げなど

  • 正社員、契約社員をご希望の方は下記の業務

【9月~3月】海苔養殖業務全般(養殖いかだの準備、海苔網のセット、管理、収穫、陸揚げなど)
【4月~8月】大型こまし網漁での漁の手伝い(4~5月頃はトラフグ・サワラを、7~8月頃マナガツオなどを獲ります)

待遇
〔短期アルバイト〕
・保険あり(雇用保険、労災保険)
・賞与あり(期間満了者のみ)
・昼食付き(会社で弁当を用意します)
・食事手当あり(朝食代として5,000円/月を支給)〔正社員・契約社員〕
・保険あり(雇用保険、労災保険)
・昇給あり(能力に応じて)
・賞与あり
・昼食付き(会社で弁当を用意します)
・食事手当あり(朝食代として5,000円/月を支給)

資格・経験
年齢:不問
※正社員希望の方は40歳まで(年齢は長期勤続によるキャリア形成のため若年者等を対象)
経験:未経験OK
免許:普通自動車免許(AT限定可)
※船舶関係の免許をお持ちの方歓迎
勤務時間
[目安]7:30~16:30(実働8時間程度)
※漁業のため天候・季節・状況に応じて変動あり(上記所定時間外労働あり、月平均20時間程度)《一日のスケジュール例》
7:00~12:00 海苔網のセット、管理、収穫、陸揚げなど(休憩含む)
12:00~13:00 昼休憩
13:00~16:30 海苔網のセット、管理、収穫、陸揚げなど(休憩含む)

休日・休暇
・週1日(天候により変動あり)
・年末年始休暇あり(5日程度)
勤務地

香川県香川郡直島町直島町2080番地1

寮・社宅
《住み込み寮完備》
・個室あり
・共同設備:バス、トイレ、洗濯機、キッチン、テレビ、冷蔵庫、冷暖房、電子レンジ、炊飯器、ポット
・費用:無料(水道・光熱費込)
勤務地
香川県香川郡直島町直島町2080番地1
掲載元
https://www.sangyo.net/

保定方法と保定具

猪を生け捕りにするにはどうするのか。

猟をするときに麻酔銃を使用している人は少数だろう。

保定具を使った方法が安価で一般的

 

保定具のショップ-株式会社三生

http://www.sanseikouki.co.jp/product/014.php

保定具の自作(シカの場合)

https://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/kankyo/shizenhogo/c11265/shika.data/sikahokaku.pdf page 18

イノシシ保定プログラム

https://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir2/dir2_11/dir2_11_1/wgrpff170328150322.shtml

生け捕りで捕獲している動画(参考)

捕獲した時の対処(主にイノシシ)

例えば、猪を捕獲したとき、自分ならどうするか。

これまでの経験から、ヤリなどの突起物による止め刺し、電殺、殴打などで対処することを考えてきたが、生かしたまま(活かしたまま)どうするかというのは考えてこなかった。

つまり、その場で殺すことを考えていたから、罠の設置場所や水場までの距離や運搬経路等々を念頭にした猟のやり方に縛られていたことに気が付いた(拠点から近い方がいろいろ都合がいいのは確かだが)。

安全対策・生け捕り方法の習熟・肉の確保などその場で止め刺しするときとは違う側面がある。

何が言いたいかというと、機会があれば、活かしたまま捕獲してみるかと思った次第。

少し狩猟に対して思考が自由になれたな。

 

野生イノシシの豚コレラ感染確認=長野県

長野県木曽町で見つかった死んだ野生のイノシシ1頭がブタの伝染病の豚コレラに感染していたことがわかりました。
長野県内で野生のイノシシが豚コレラに感染しているのが確認されたのは今回が初めてで、県は養豚農家に消毒用の消石灰を配布することなどを検討しています。

長野県によりますと、野生イノシシの豚コレラへの感染がすでに確認されている岐阜県と隣接している木曽町で、今月8日、オスのイノシシ1頭が死んでいるのがみつかり、国の機関で検査したところ、豚コレラへの感染が確認されたということです。
豚コレラに感染した野生イノシシはこれまで愛知県や岐阜県、それに三重県や福井県で確認されていますが長野県内での確認は初めてです。
県が行った養豚農家への聞き取り調査では12日までに異常は確認されていないということです。
ただ、県では野生のイノシシによる感染拡大を警戒し、県内の養豚農家に消毒用の消石灰を配布することを検討しているほか、ことし9月ごろに予定している野生のイノシシに食べさせるワクチンが入ったえさをまく作業を前倒しできないか国と協議していくことにしています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20190713/1010009346.html

これは増殖が加速度的に拡がる可能性がありますね。

プラントハンター 命を懸けて花を追う-本

著者は花や植木の卸問屋を営む株式会社花宇の五代目社長とのこと。

何を隠そう管理人は某研究会に属していたことがあるほど食虫植物が大好きでいつかはハエトリソウの自生地を巡りたいと密かに決めているほど

体で覚える植物の知識

命綱なしで木に登り、枝を切る

著者をして親父さんの植物の知識はワールドクラス

著者が考えるプラントハンターとしての資質

  • 学者と同等かそれ以上の知識
  • アスリートのような体力
  • 探求心
  • 花を見抜くセンス(時代に敏感なセンス)

綴化とは 帯化-wikipedia

プラントハンティングも楽しそう

天下一植物界

https://no1plantae.com/

 

株式会社花宇

そら植物園の求人情報

求人要項

 

福井で感染イノシシ初確認 豚コレラ、岐阜県境の大野で

福井県は7日、同県大野市内で捕獲された野生のイノシシ2頭が、家畜伝染病「豚コレラ」に感染していたと発表した。県内で野生イノシシへの感染が確認されたのは初めて。6月26日には三重県でも感染事例が公表されており、野生イノシシへの感染は岐阜、愛知を含め4県に拡大した。

感染した2頭は6月29日に大野市佐開、7月3日に同市蕨生のそれぞれ山際で見つかった。両地点は2キロほど離れているが、いずれも岐阜県境から17キロにある。ともに雄の成体で、地元の猟友会が仕掛けたわなに生きた状態でかかっていた。5日に県の遺伝子検査で陽性判定が出、国による検査で6日に確定した。ウイルスは、岐阜などで検出された型と同系統。

養豚場への感染拡大を防ぐため、県は捕獲地点から半径10キロ圏内にある大野市内の1カ所を監視対象農場とし、異常の有無について毎日報告を求める。県によると、県内では養豚場など8施設で計2600頭余りの豚が飼育されているが、異常は確認されていない。監視対象農場には7日、県が立ち入り検査を実施した。

県は、全施設に柵の設置や出入りする人・車両への消毒の徹底を指導した。県北部の全市町に協力を求め、捕獲されたイノシシの検査を実施する。野生イノシシへのワクチン入り餌の散布も実施する方向で、時期や場所を国と協議している。

豚コレラは昨年9月、岐阜市内の養豚場で国内としては26年ぶりに発生。出荷先を含め5府県の施設で確認されている。6月24日には大野市に隣接し、県境から1・2キロの岐阜県郡上市で野生イノシシの感染が判明、県が猟友会と連携して捕獲・検査態勢を強化していた。

https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019070790203434.html

農水省HP-豚コレラについて

http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/csf/index.html

(HP内画像抜粋)

収束する気配がないですね。